2011年03月08日

おじぎ草



やってくれましたね〜るんるん

日本代表サッカーDF、長友佑都。

名門インテルに移籍して、セリエA初ゴール手(チョキ)

TVTVのニュースで、何度も見ました。

しつこいくらいに繰り返されるシーン、

今回は、あまりムカつくこともなく、

うれしく見ていましたかわいい



彼には、デビュー当初から注目目してました。

彼は、いわゆるエリートやスターぴかぴか(新しい)でなく、

明治大学の学生時代、特別指定選手で、

FC東京でプロデビュー。

スゴいサイドバックが加入したなあどんっ(衝撃)

と感嘆いたしました。

スピード、突破力、そしてフィジカル、

群を抜いていました。

チームのレギュラーはもちろん、

あっという間に代表にも選ばれましたるんるん

そのあとの活躍は、

みなさん、ご存知のとおりです。



フィジカルは、年々強くなってますね。

彼は、筋トレマニアだそうで、

体幹トレーニングパンチは、代名詞になってますね。

体脂肪率が3%だっていうから、おどろきあせあせ(飛び散る汗)

こちらは、20%が切れなくて困ってるのに・・・。



監督のレオナルドに気に入られてる様子。

レオ様も、もともとは左サイドバック。

サンパウロ時代、トヨタカップサッカーで見ましたよ。

決して、フィジカルに恵まれておらず、

結局は、MFに転向しました。

だから、長友みたいなタイプ、好き揺れるハートなのかも。

期待に応える結果を出し、レオ様もご満悦るんるん



彼の姿勢が素晴らしいかわいい

イタリア語も学び、話してる。

コミュニケーションも積極的とか。

日本人がイタリアで成功しなかった理由に、

言葉の壁人影がありましたからね。

中田ヒデといい、彼は活躍できるでしょう手(チョキ)

おじぎパフォーマンスも定着してきたし。



しかし、インテルは宿敵むかっ(怒り)

ボクの愛するチーム揺れるハートは、ミランですから。

長友の活躍はうれしいけど、

インテルには勝ってほしくないあせあせ(飛び散る汗)

こんな複雑な心境は、

バッジォがいた時代を思い出しますね。

そういえば、あの当時のミランは、

ザックが監督だったんだ・・・。

これもなにかの縁でしょうかねかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

アジアの花



やりましたねえ、日本代表手(チョキ)

アジア杯サッカー、2大会ぶり4度目の制覇ぴかぴか(新しい)

強豪オーストラリア代表を、1-0にて。

延長戦まで守り抜いて、延長後半4分時計

値千金のゴールで勝利かわいい

しかも、交代で出場した李忠成の得点パンチ



苦しい大会でしたねあせあせ(飛び散る汗)

っていうか、アジア杯サッカーは、いつも混戦。

楽しての勝利はありませんよね。

毎回、そうですもの。

今回も、徐々にチームが熟成され、

最後に花かわいい開く形で栄冠をぴかぴか(新しい)



失点も多くて、ケガ人も多く、

傷だらけの優勝ぴかぴか(新しい)ですが、胸張っていいでしょう。

だって、開催国カタール、

永遠のライバルである韓国、

そして、アジアでは規格外のオーストラリア、

この3チームを破っての優勝ぴかぴか(新しい)なんだから、

文句なしと言ってもいいんじゃない。

韓国は、オーストラリアに勝てなかったんだし。



決勝戦で得点した、李忠成。

ああ、帰化した甲斐あったねえたらーっ(汗)

ここのところ、所属チームでも不遇で、

長年所属した柏から広島に移籍。

この移籍も正しい選択だったひらめき

結果、こうやって代表に選ばれたんだから。

欧州iモードの監督は、点獲るFWを使うから、

今後もチャンスは大いにあるでしょうかわいい



監督といえば、ザッケローニ。

素晴らしいですねえかわいい

サッカーサッカーが面白くなりましたからね。

岡ちゃんの守備的よりも、はるかに楽しいるんるん

何より、若手を積極的に採用。

先入観なく選ぶのが、いいよね。

日本人監督だと、予備知識や、

過去の栄光に引きずられるし、

前の代表を、そのまま使うことが多いから。

加茂さんもそうだったものむかっ(怒り)

世代交代と、更なる進化グッド(上向き矢印)

欧州iモードの監督が最適ですよ。

今後も楽しみですな手(チョキ)



いやあ、ホントよかった、よかったるんるん

でも、実は昨晩は寝ちゃったんです眠い(睡眠)

なので、今晩じっくりTV見るとするかかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

SHOOT TO THRILL



アジア杯サッカー準決勝、vs韓国戦。

一番、やりたくない相手あせあせ(飛び散る汗)

ある意味、最強の強敵どんっ(衝撃)

予想されましたが、息詰まる熱戦パンチ

PK戦での勝利とはいえ、よく勝てたかわいい

前回大会も、PK戦で負けていたので、

ぶっちゃけ、万事休すと思っていましたよたらーっ(汗)



ホント、韓国はおそろしい存在で。

最近、W杯サッカーに連続出場できているのも、

予選で当たらないから、と思うほど。

初めて出た98年フランス大会サッカー予選、

韓国に、むっちゃ苦しめられたものあせあせ(飛び散る汗)

ここ数年も、まったく勝てないし、

避けて通りたい相手ですよね。



しかし、昨日の序盤は、らしくなかった。

準々決勝の疲れもあったんでしょうが、

いつもは、ガツガツパンチ来るところ、

比較的、淡々としてましたから。

逆にそれが不気味なほどでしたねモバQ



後半は、日本の攻めに合わせて、

戦法変えてくるところは、さすがどんっ(衝撃)

前半で見せてたサイド攻撃が封じられたあせあせ(飛び散る汗)

日本は、パスはつながるものの、

なかなか決定機までいけず、

結果カウンター食らってましたからねたらーっ(汗)



しかし、日本もタフになったなあかわいい

失点が多いのは、まあ置いといて、

粘り強く、あきらめないチームになってる。

準々決勝といい、この試合といい、

先制されても、追いつける力は立派ぴかぴか(新しい)

同店弾の、本田のスルー、長友のランとパス、

押し込む前田、素晴らしいゴールだし、

日本の持ち味が発揮された場面でしたるんるん



終盤、追いつかれたのは、

DFラインが、完全に引き過ぎだったからたらーっ(汗)

監督変わったから、守備は未成熟ですよ。

メンバーも違うし、時間をかけるしかないよね。

だから、獲られても獲り返すしかないんですパンチ

それでいいんじゃないのかなあ。



この両国の対戦は、いつもメンタル勝負パンチ

今回は、日本の気持ち黒ハートが優っただけ。

技術や戦術を超越してますよ。

面白かったけど、スリル満点。

この試合のMVPぴかぴか(新しい)は、本田がPK外すと、

確信していたとしか思えない寄せダッシュ(走り出すさま)を見せ、

最後押し込んだ、細貝だと思いますかわいい



ひさびさに深夜夜まで起きてたので、

朝は、マジつらかったあせあせ(飛び散る汗)

でも、ここまで来たら、優勝してほしいなあかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

奪取

20110101-00000021-jijp-spo-view-000.jpg

昨日の天皇杯サッカー決勝、面白かった。

リーグ4連覇を逃した鹿島どんっ(衝撃)

そして、監督解任、大量の選手放出で、

リーグ途中で自滅した清水爆弾

ACL出場権を賭けた死闘パンチ

お互いに期するものが多々あって、

ちょっとしたドロドロ感もあって、

非常に緊張感のある締まったゲームでした。



鹿島は、Jリーグ、結果4位と苦戦あせあせ(飛び散る汗)

モチベーションの維持って難しいなあ。

勝ち続けることは、大変なんでしょう。

今シーズンで去ることになった、

エースのマルキーニョス。

明らかに衰えが見え始めたし、

なかなか世代交代は簡単には進まないどんっ(衝撃)

なんだかんだで、ベテランの踏ん張りが、

ここぞというところでは必要。

小笠原、本山、マルキーニョス、岩政、

こういった、おっちゃんたちを越えられる存在が、

出てこないんですよねたらーっ(汗)



4連覇できなかったのは、若手の台頭がないから。

3連覇の最初のころは、青木、野沢、興梠、

当時の若手が活躍し始めた。

もう、この辺も主力になってるし、

せいぜい、大迫くらいがガンバってる程度。

世代交代では、失敗している過去もある。

うまい具合に、切り替えられないと、

リーグタイトル奪還には、なかなか苦しいかもあせあせ(飛び散る汗)

でも、試合展開の巧さは、相変わらず。

強いことには、強いんだけどねえかわいい



そして、立て直しを図って、自滅した清水爆弾

監督交代の発表が早すぎたのかもね。

伊東、市川、ヨンセンなど、ベテランの首切りも、

結構早い段階でリリースしたしカラオケ

まあ、リーグで自滅して、逆に結束固まって、

天皇杯では決勝まで進んだかわいい

確かに、リーグ終わってから、バタバタするよりは、

正解だったのかもしれません。



でも、ベテランだけでなく、主力の離脱が激しい。

エースの岡崎がドイツへ移籍飛行機

ボランチの本田も、奇しくも鹿島に行くみたい。

厳しいよねえあせあせ(飛び散る汗)

結果、小野頼りになりそうなところ、

ギリシャから小林を獲得など、危機感はあるんだね。



まあ、順風満帆なチームはありません。

いろいろ、もがいている2チームの対戦で、

ホント、引き締まった面白いゲームでしたかわいい

ああ、3月が待ち遠しいるんるん



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ラブユー東京

20101204-00000530-sanspo-socc-view-000.jpg

2010年のJリーグサッカー、閉幕です。

例年と違い、早々にJ1・2とも、優勝チーム、

J2からの昇格チームが決まる中、

最終節に注目されたのは、J1残留争いパンチ

湘南、京都の降格バッド(下向き矢印)が決まっており、

残るのは、あと1枠どんっ(衝撃)

順位上から、仙台、FC東京、神戸の3つで、

サバイバル爆弾です。



今年から応援している、FC東京、

勝てば自力で残留が決まる中、

プレッシャーからか、京都に0−2で敗戦爆弾

勝ち点差1で追う神戸が、浦和に勝ったため、

順位が逆転し、結果、FC東京の降格が決定どんっ(衝撃)

これで、首都東京から、J1チームがなくなることにたらーっ(汗)



なんとなく、予感ひらめきがありました。

前節、勝てば残留が決まる中、引き分け。

対する神戸は、退場者が出る中の勝利手(チョキ)

完全に勢いで、神戸が勝っていました。

FC東京は、ホームでは、ほぼ勝てないなど、

決定力不足に泣いた1年になりました。

点獲れないチームは、残留できませんよむかっ(怒り)

ある意味、当然といえば、当然の結果。

ぶっちゃけ、あんまり残念じゃなかったなあ。

前節の結果で、ある程度覚悟してましたよ。



さあ、問題は、来季のチーム造り。

主力の放出は、必然ですどんっ(衝撃)

母体が、東京ガスで、スポンサーに、東京電力、

三菱商事など、大手企業ビルが連なりますが、

そんなにお金有料は出てこない。

首都のチームとはいえ、

どちらかというと、貧乏に近い。

ホームの味スタ、満員になったこと、ないはず。

東京って、地元意識の低いところ。

だから、地方と違って、地元チームを応援、

って構図が成り立っていない。

東京ヴェルディもいるから、余計に客が入らないあせあせ(飛び散る汗)



代表クラスは、まず移籍しちゃうでしょう。

今野、U21の権田、あと年俸の高い、平山、石川。

J2でプレイする格じゃないし、

ほかのチームがほっとかないでしょうね。

でも、この辺いないと、まずJ1には上がれないどんっ(衝撃)

若手を育てて、地力をつけていかないと。

下手すると10年くらいは、J2かもねたらーっ(汗)

消滅危機を乗り越えて、若手が育ってきた、

ヴェルディの方が、早く上がれそうな感じ。

まあ、結果は残念ですが、

来年もがんばってほしいパンチ

ヴェルディと共に、W昇格、祈ってますよかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

愛の名古屋コール

20101120-00000061-jijp-spo-view-000.jpg

2010年Jリーグサッカー、チャンピオン決定exclamation×2

今年の覇者は、名古屋グランパス。

初の栄冠ぴかぴか(新しい)です。

おめでとうございまするんるん



感無量たらーっ(汗)でしょうね。

Jリーグサッカー創設の93年から参加。

確か、初年度は最下位だった気がします。

鳴り物入りで獲得した、W杯サッカー得点王、

イングランドの、ゲイリー・リネカー。

まったく役に立たず、で、ホント弱かったあせあせ(飛び散る汗)

当時の浦和レッズより弱かったんですから・・・。



グランパスになってからは、天皇杯ぴかぴか(新しい)は獲ってた。

監督のピクシーこと、ドラガン・ストイコビッチが、

現役で、活躍していたころとか。

Jサッカー創設時の10チームで、ステージ優勝ぴかぴか(新しい)も含め、

リーグのタイトルを獲っていないのは、

名古屋と、ジェフ千葉だけだったとか。

18年目の悲願のタイトル奪取で、

遅咲きのビッグクラブとなっていきそうですねかわいい



悲願の優勝ぴかぴか(新しい)を請け負い、実現したのは、

やはり、ピクシーでしたね。

彼なくしては、名古屋の栄光はありえません。

選手として、全盛期のころは、不遇でした。

旧ユーゴスラヴィアの制裁爆弾のあおりで、

94年のW杯サッカーに出られずどんっ(衝撃)

所属チームのマルセイユも、買収事件有料で、

欧州チャンピオンもはく奪あせあせ(飛び散る汗)

干されかけてた中、獲得したのが、名古屋。

そこから、結局、引退するまで在籍。

欧州iモードからの誘いも断り続けた。

本当に義理堅いお人でございます。

本人も、第二の故郷と言うほどの名古屋愛揺れるハート

監督としても、骨をうずめる覚悟かも。



まあ、ピクシーで、優勝できなければ、

永遠に優勝できなかった気もしますよあせあせ(飛び散る汗)

それぐらい、ピクシーの影響は大きい。

ベンゲルや、ネルシーニョなど、

名将に恵まれていましたが、ピクシーは別格。

そのピクシーに応えるべく、フロントも本気パンチ

今年の、闘莉王や金崎の獲得は、大きかった。

選手層の厚みが増したからねえ。

ケネディ、ブルザノビッチ、など代表クラス、

国内外iモード含めて揃ってる。

豪華絢爛ぴかぴか(新しい)でしたもの。

その選手たち、ピクシーに対する信頼が厚かった。

まさに、チーム一丸での栄冠達成手(チョキ)ですね。

来年は、ACLサッカーでの活躍にも期待です。



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

心のEVERGREEN

サッカーサッカーのお話を。

昨年まで応援しておりました、

現在J2で苦しむ、かつての名門、

東京ヴェルディのお話を。



設立時から傘下だった、読売グループから、

脱退しての初年度です。

昨年までの親会社、日本テレビTVから、

経営権を買い取った、かつてのOBたち。

ずさんな経営(?)から、さらに業績が悪化どんっ(衝撃)

債務超過になり、チーム存続の危機に爆弾

伝統ある、日本初のクラブチームが、

消滅してしまう・・・。

そんな事態に陥ってしまったのですたらーっ(汗)



もう、ダメだと思いましたね。

頭の中をよぎるのは、吸収合併され、

消滅した、横浜フリューゲルスのこと。

あれは衝撃どんっ(衝撃)でしたからねえ。

同じホームを持つ、FC東京に吸収される、

そんな覚悟を持ち始めたりなんかして。

以前から、いつ消滅してもおかしくない、

イヤな想像ばかりしていました。

なにせ、ヴェルディは、Jリーグ、いや、

日本協会から嫌われた存在でしたからあせあせ(飛び散る汗)



嫌われたのは、設立当時の親会社、

読売新聞本のナベツネさんの言動から。

チーム名に企業名を入れさせろ、とか、

Jリーグの理念に反発すること多数でした。

まあ、互いに歩み寄れない存在同士。

なので、グループ離脱は正解だったと思います。

でも、マジで倒産しかかって、Jリーグが救済。

まあ、半分はJリーグの責任もあるでしょうから。

で、今回、見事に立て直してくれました手(チョキ)

スポンサー、株主、よく集まったよねえ。

まあ、まだまだこれからでしょうが・・・。

かつての名門復活も、夢ではないかもかわいい



今回の功労者、Jリーグ理事から、

社長に転身した羽生さん。

若手選手のがんばりを目見て、

将来を奪ってはいけない、と奮闘パンチされたとか。

こういう経営者なら、安心して任せられそうですね。



ボクも、応援しない、と宣言したばかりですが、

黒ハートの片隅では、いつも気になってました。

お金有料があれば、出資したいぐらいだった。

なので、今回の再建は、ホントにうれしいるんるん

ちゃんとしたチーム造りをしてくれるなら、

また応援してもいいかな、と思っていますかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

スピードとナイフ



セリエAサッカー、2010-11シーズン第2節。

イタリアとスペインって、シーズン始まってすぐ、

代表選が入って、休みになるから不思議あせあせ(飛び散る汗)

だったら、代表選サッカーのあとでもいいんでないの、

思っちゃうんですよね〜。



で、そんなこと思いつつ、いきなり注目目の対戦が。

今季昇格したチェゼーナと、我が愛するミラン揺れるハート

チェゼーナは、日本代表長友が所属し、

もうすでにスタメンの位置を確保しています。

開幕初戦でも活躍してましたからねえ。

左のサイドバックって、貴重だしぴかぴか(新しい)

どこのチームも欲しがるポジションだから。

あんだけ守れて、スピードあって、

シュートも打てたら、そりゃ評価されるよねかわいい



で、一方、ミランは、ひさびさに大型補強パンチを。

バルサから、"イカ男"、ズラタン・イブラヒモビッチ、

結果的には、マンチェスター・シティから、

ブラジル代表ロビーニョ。

これはスゴいよなあるんるん



イブラヒモビッチは、やはり、2004年のEUROサッカー

心の祖国イタリアの予選リーグ突破を阻んだのが、

黒ハートイブラヒモビッチのゴールでしたから。

しかも、ゴールに背を向け、DFを背負ってのシュート。

信じられないゴールでしたよあせあせ(飛び散る汗)

ユーベや、インテルでも活躍したストライカー、

満を持しての加入ですかわいい



ロビーニョも、代表での実績は輝かしいぴかぴか(新しい)

実力については申し分なし。

欧州での活躍は、ちょっとイマイチむかっ(怒り)

気分黒ハートのムラが激しいのか???

心機一転、ここが正念場と思って、

大いに目立ってほしいもの。



その2人が、加入しての初戦。

ミランDF陣、カウンターのジャックナイフで、

バッサリ、切り裂かれてしまいましたどんっ(衝撃)

結果は0−2での敗戦たらーっ(汗)

アウェイとはいえ、信じられないほどの負け方。

チェゼーナは、作戦どおり、してやったりの勝ち方。

キッチリ守ってのカウンター。

セリエA屈指の攻撃陣も、完全に封じられましたあせあせ(飛び散る汗)



その守備陣で、やはり長友は良かったかわいい

若きエース、アレシャンドレ・パトを抑えてた。

パトは、完全に長友を嫌がってましたね。

エース・キラー長友、この日も魅せてくれましたるんるん



長友の活躍はうれしいけど、

ミランの敗戦は、マジ口惜しいなあ・・・たらーっ(汗)



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

再出発



W杯サッカーが終わって、最初の代表戦。

なんか、監督が決まらず、スッタモンダしてましたどんっ(衝撃)

でもね、もう次の2014年、

ブラジル大会へのカウントダウンは始まっています。



南アフリカに行って活躍した選手は、

自分のポジションを死守しパンチ

行けずに悔しい思いをした選手は奪いにパンチ

また、これから力をつけていく若手は、

新たに夢見て、ステージへの挑戦を続けますパンチ

もはや、W杯サッカーが夢でなく現実である時代。

目標が具体的だから、熱の入り方もハンパねえ。



新監督は、初のイタリア人、ザッケローニさん。

ミランを率いて、スクデッドぴかぴか(新しい)獲ってますが、

イマイチ印象がないなあ・・・。

あの頃は、バッジォを放出したばかりで、

あまり好きでないタイプのドイツ代表のビアホフとか、

正直、熱の入っていなかった時代あせあせ(飛び散る汗)

だからでしょうかね。

ミランというチームにフィットするイメージじゃない。



好みのシステムであると言われてる、

3−4−3っていうのも、ちょっと時代遅れどんっ(衝撃)

いまどき、3バックって、ほとんど見かけない。

FW3枚並べて、サイドのスペースを突く、

ってスタイルが主流だから、3バックは危険だよね。

イタリアでは、過去の人って言われてるらしいから、

どこまで、日本の現状にマッチさせられるか、

正直リスクも感じますけどねあせあせ(飛び散る汗)

まあ、イタリア伝統の堅守&カウンターは、

日本にも合う気はしますが・・・。



で、昨日のパラグアイ戦。

パラグアイって、わりといつでも真剣にやってくれる。

なので、W杯サッカーの因縁もあったし、この時期としては、

なかなか良いカードではないでしょうか。

ケガ人もあって、新しい顔ぶれが並んだのも、

楽しませてくれた要因ですね。

残るべき人、入るべき人、完ぺきではないけど、

概ね良い人選だったのでは???

ただ一つ、残念なのは、G大阪の平井たらーっ(汗)

Jリーグ、日本人最多得点だから、呼んでほしかった。



試合は、お互いの持ち味である守備が引き締まってた。

憲剛のスルーに、香川の反応が素晴らしいぴかぴか(新しい)

ドイツでやってるだけあって、DF引きずっても平気。

もともとセンスあるし、馬力がつけば、と期待揺れるハート

美しいゴールでしたね手(チョキ)



一方、欧州では、2012年EUROサッカーの予選が。

心の祖国イタリアは、格下相手とはいえ、

2−1の逆転勝利で発進してますかわいい

W杯の悪夢を振り払い、EUROでは活躍してほしい。

そして、もうすぐUCLサッカーも始りますねえ。

いやあ、楽しくなってきましたるんるん



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

海を渡ったサムライ



ついに開幕しましたねえかわいい

セリエAサッカー、2010-11シーズン。

今年は、大変楽しみでございますよ揺れるハート

欧州のサッカーサッカーは。

やはり、W杯サッカー直後のシーズンって、

なんか盛り上がりがあるよなあ・・・。



黒ハートの祖国、イタリアでの最大の楽しみは、

やはり、チェゼーナに移籍した、

日本代表、長友佑都の活躍ですよ手(チョキ)

守備の国、イタリアに呼ばれたのはスゴいよなあ。

守備力だけでなく、サイド突破の攻撃力も評価され、

W杯サッカー終了後、早々に契約。

相当、期待されてるんでしょうね。

だって、今シーズンからセリエAは、排他的。

EU圏外iモードからは、1人しか獲得できないんだって。

そんな中、身体能力の高いアフリカ勢を押しのけて、

契約のみならず、ポジションまで獲得したんだから。

ホント、今シーズンの活躍に期待しちゃうなあ揺れるハート



開幕戦を観ましたが、なかなかの出来では???

バランスもうまく取ってたし、突破パンチも見せた。

なにより、カウンターで惜しいシュートもしたどんっ(衝撃)

これで、コミュニケーション、コンビネーション、

熟成されれば、もっと出来るんじゃないの???

ローマの王子、トッティとのマッチアップは、

イエローもらったけど、面白かったかわいい

こんなのが、これからも観られるのねん。

で、次の相手が、我らがミラン。

これも楽しみでございますよねえ揺れるハート



で、ミランといえば、選手獲得期限ギリギリで、

大型の補強をしてくれましたよたらーっ(汗)

ここ数年で、一番いいスカウトでは???

獲得したのは、スウェーデン代表のイカ男、

ズラタン・イブラヒモヴィッチ。

これは、スゴいわ・・・あせあせ(飛び散る汗)

やっと、まともなストライカー補強してくれましたね。

シェフチェンコ以来のカンピオーネぴかぴか(新しい)

ゴール量産期待してますよ揺れるハート



イタリア以外では、ドイツが楽しそうかわいい

日本人が、ウソのように大量に移籍したから。

ドルトムントに香川、シャルケに内田、

そして、矢野がフライブルク。

ヴォルフスブルクの長谷部入れたら4人って、

これスゴいなあ・・・。

ブンデスって、どっかTV中継TVしてないの???

W杯サッカーの活躍観ても、今、ドイツ面白いと思いますよ。



それ以外にも、新たに海外iモードに渡った選手が多数います。

川島、阿部、高原、巻・・・。

2014年、ブラジルサッカーでの躍進のため、

大いにがんばってほしいものですかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

100%無敵





ついにフィナーレexclamation×22010W杯サッカー

あっという間の1ヶ月。

感動あり、涙あり、怒りあり、悔しさありかわいい

やはり、スポーツって、素晴らしい選手たちの真剣さが、

ストレートにボクらの胸を打ち抜いてくれますなパンチ



決勝は、オランダvsスペイン。

なんと、W杯サッカーでは、初顔合わせどんっ(衝撃)

ある意味、当然のファイナリスト。

万年優勝候補爆弾

初の栄冠ぴかぴか(新しい)を賭けて、もう失うものはないはず。



と思ったら、予想外の凡戦あせあせ(飛び散る汗)

とにかく、オランダの不用意なファウルが多いむかっ(怒り)

この大会全般的に、オランダは守備的。

ゴールは、ミドルシュートがほとんど。

この日も、序盤は攻めてたものの、

徐々にスペインに中盤の支配権を奪われ、

ズルズルと下がり始めるDF陣。

FWのロッベンの個人技に打開策を見出すのみたらーっ(汗)



まあ、司令塔のスネイデルの縦パスが見事ですから。

結構、何本かスペインのDFを切り裂くパスもあった。

受けたロッベンが良い形を作るものの、ゴールは割れないあせあせ(飛び散る汗)

立ちはだかるのは、スペインの守護神、GKカシージャス。

大会通じて、MVPぴかぴか(新しい)をあげても良いのでは。

スペインといえば、伝統的に攻撃力パンチが挙げられる。

今大会も、充実した中盤、点を獲れるFW、

オールスターそろい踏みの陣容でした。

でもね、そんな攻撃も、カシージャスを核とした、

堅固な守備人影があっての賜物かわいい

スペインの守備が、こんなに良いとは、

今大会までは、まったくもって知らなかったどんっ(衝撃)

リーガ・エスパニョーラ、食わず嫌いでなく、

ちゃんとTV見るべき価値があるかも・・・。



緊張感漂う試合は、90分時計で決着つかず、延長に。

オランダのイエローカードが多くて、結果10枚にどんっ(衝撃)

誰が退場してもおかしくない状況。

だから、余計に消極的な展開にバッド(下向き矢印)

DFハイティンハが、ついには退場したのも当然の帰結爆弾

もはや、オランダはPK戦に望みをつなぐのみ。

と、そこで・・・。

終了間際にイニエスタが、見事なパス交換ののち、

ボレーシュートを叩き込んだ・・・。

結果は、1−0でスペインが初優勝ぴかぴか(新しい)

選手交代が効果あった。

セスクが入って、中盤により締まりが出たし。



お国柄から、どうも結束力に難あるどんっ(衝撃)2チームでしたが、

今大会は、一体感があったパンチ

日本も、チーム一丸となった結果、ベスト16まで進出できた。

大会を通じて、組織の重要性を痛感したものですかわいい



とにかく、面白い大会でしたかわいい

みんな、ありがとうexclamation×2

感動の1ヶ月に、心から感謝を伝えたいですねるんるん



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

Aggressive zone





W杯サッカーは、3位決定戦ぴかぴか(新しい)

残すところ、ホントにあとわずか・・・。

もう終わっちゃうんだあせあせ(飛び散る汗)

なんか、あっという間時計

また4年、待たなくちゃならないんですねえたらーっ(汗)



対戦カードは、ウルグアイvsドイツ。

3位決定戦って、どうも消化試合のイメージがどんっ(衝撃)

実は、なんのためにやるか、よくわからない。

オリンピックだったら、銅メダルを賭けてパンチ、ってことでしょうけど。

W杯サッカーの場合、無理して行う必要があるのか。

まあ、賞金有料が違うんでしょうけどね。



ただ、ウルグアイは、モチベーション高いと思う。

自分たちの値段有料を吊り上げたいだろうから。

やっぱ、南米って、まだまだ貧しい国が多いとか。

お金持ち有料になるなら、サッカー選手サッカーになって成功することが、

一番の近道だとか。

景気が悪いとはいえ、日本では想像のつかないお話たらーっ(汗)



ブラジルやアルゼンチンだと、代表クラスはスター選手かわいい

欧州で活躍している選手も多い。

でも、ウルグアイとか、パラグアイとかは、

まだまだ無名で、南米が拠点の選手も多い。

W杯サッカーで名を上げて、欧州への移籍の道を勝ち取りたいパンチ

そんな野心ギラギラ目って選手もいることでしょう。

だから、3位決定戦でも、決して手を抜かないでしょう。



そしてドイツ。

まあ、この国の人たちは、基本手を抜くことはしない。

優勝ぴかぴか(新しい)が義務付けられている国の一つですし。

少しでも上の順位を確保しておきたいパンチ

また、若い選手は、活躍して、より良いチームへ行きたい。

ベテランは、まだまだやれる、ってところを見せたい、

今の所属チーム、ほかのチーム、そして協会に対して。

レストランの種ですからね。

W杯サッカーは、最高の見本市かわいい



ということで、熱戦でしたねどんっ(衝撃)

点の獲り合いで、ドイツが3−2で勝利ぴかぴか(新しい)

もう後先考えなくて良いので、キッチリ攻められる。

ドイツの先制は、実力から見て当然。

ウルグアイの同点〜逆転は、さすがの執念。

そして、ドイツの同点〜逆転は、とてつもない意地の表れか。

両チームとも、準決勝まで勝ち上がり、

ファイナリストを目指すだけのことはある。

素晴らしい闘いでしたるんるん



両チームとも、いい選手が多いなあ・・・。

しかも、若手に逸材が多い。

特にドイツ。

次のブラジルは、どうなることやらあせあせ(飛び散る汗)

ボクのお気に入りは、まだ20歳のミューラー。

やはり、彼抜きでは、決勝へ進むことはできなかった。

登録はMFだけど、今のところ5得点で得点王ぴかぴか(新しい)の1人。

こんなのが出てくるんだなあ、さすがW杯サッカー



さあ、残すところは、決勝ぴかぴか(新しい)の1戦のみ。

連日続いた早起きも、明日で終わりですかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

Story to History





W杯サッカー、セミファイナル第2戦。

ドイツvsスペイン。

ボクの予想では、ドイツがしぶとく守りきって、

カウンターで、スペインを沈める・・・爆弾

しかし、結果はスペインが1−0で勝利手(チョキ)

今大会は、まったくもって予想が当たりませんあせあせ(飛び散る汗)



ドイツは、ここまで活躍してたミュラーの欠場が痛かったたらーっ(汗)

パスの出しどころがなくなったどんっ(衝撃)

ゲームメーカーのエジルが、ボールサッカーを持ち過ぎて、

つぶされてしまう場面が最後まで続いていました。

今までで好調のときは、エジルが早くさばいて、

そこからフィニッシュまで展開する、ってパターンだったのに。



そのエジルに仕事をさせなかった、スペインの守備が見事かわいい

中盤のプレスが早くてね。

中盤のみならず、前線も果敢にプレスをかけてた。

スペインの守備って、こんなにコンパクトで、良かったっけ???

今までのスペインに対する認識ひらめきが変わりました。

さすが、欧州チャンピオンぴかぴか(新しい)

そういえば、スペインは2008年のEUROサッカーでもドイツに勝ってるんだ。

ドイツ対策は、キッチリできてるってことかも。



FWでは、エースのビジャの良さはもはや常識だけど、

ペドロの動きが良かったなあかわいい

終盤交代する前は、ゲームから消えてたけど、

序盤は、彼が攻撃の起点位置情報になってた。

ドリブルあり、パスあり、シュートあり。

所属するバルセロナでも大活躍中パンチ

チームメイトの、フランス代表アンリを放出に追いやったのも、

納得ひらめきできるキレの良さ。

ビジャといい、強さだけでなく、柔らかさがあって、

スペインのFW陣、侮れませんなあせあせ(飛び散る汗)

フェルナンド・トーレスが控えだなんて、なんて贅沢。



この日のスペインはドイツと違って、攻守一体で、

終始攻め続けてましたねパンチ

決勝点は、がんばった守備へのご褒美プレゼントかも。

ベテラン、プジョルのゴールってところがいいよねかわいい



さあ、決勝はオランダと。

どっちが勝っても初優勝ぴかぴか(新しい)

大会序盤は、南米の強さが目立ってましたが、

結果は欧州対決の決勝戦パンチ

個の力と組織が融合した総合力の強さを有したチームこそ、

決勝の舞台にふさわしい、ってことでしょうか。



どっちが勝つか、まったくわかりませんあせあせ(飛び散る汗)

どちらも、選手層、組織力、そん色ないですから。

最後は、メンタル黒ハートの勝負でしょうね。

まあぶっちゃけ、ボクとしては、どちらが勝ってもいい。

なので、純粋に決勝戦を楽しむことといたしますかなかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

あたりまえの空





W杯サッカーも、いよいよセミファイナルexclamation

もうすぐ終わっちゃうんですねえたらーっ(汗)

この辺になると、応援してるチームの状況にもよりますが、

近づく終焉に、ものさびしい気持ち失恋がわき起こってまいります。

今朝のカードは、ウルグアイvsオランダ。

う〜ん、渋いあせあせ(飛び散る汗)

渋いッス・・・。



南米の古豪とオレンジ軍団との対決パンチ

かたや、初期とはいえ優勝ぴかぴか(新しい)経験が。

もう一方は、準優勝にとどまっている。

しかも、もうだいぶ前のお話。

王国の復権と、悲願の初優勝。

双方のモチベーションは、かなり高いものでしょうグッド(上向き矢印)



オランダは、スター軍団ぴかぴか(新しい)ですから、選手層も厚い。

オランダ人中心で、勝利を重ねたビッグクラブも多い。

ミラン、バルセロナ、レアル・マドリッド・・・。

今でも欧州では、オランダ人がチームのカギパスワードとなることは、

至極あたり前のこと。



一方、ウルグアイは、確かにオランダほど派手じゃないけど、

良い選手が一杯います。

で、欧州飛行機で活躍してる選手も、多数います。

エースのフォルランは、昨シーズンのUELでも、

所属のアトレティコ・マドリッドで活躍してたし。

ちょっと前だと、インテルに所属してたレコバとか、

いつの時代も、コンスタントに、良い選手を輩出してる国。

レコバ、好きだったなあ揺れるハート・・・。



で、試合は、オランダが3−2で勝利。

なんか、面白くない・・・むかっ(怒り)

戦力的には、オランダが勝ってあたり前。

ウルグアイが、下馬評を覆して・・・、ってのに期待してたのに。

だって、オランダがらしくないどんっ(衝撃)

今大会のブラジルのように。

とにかく勝ちにこだわる姿勢は立派だけど、

かつての派手さがなくて、見ていて面白くはないなああせあせ(飛び散る汗)



反面、ウルグアイの執念は素晴らしかったかわいい

ロスタイム時計で1点差に詰め寄り、

笛が吹かれるまで、あきらめずに攻め続けたのは、

見ていて楽しかった。

やっぱり、楽しさがないとねるんるん



最後に追いつけなかったのは、ベスト8のバチが当たったのかむかっ(怒り)

フォルランのパートナー、FWスアレスの欠場は痛かった。

ただでさえ、期待の選手がケガや欠場で、

選手層には見劣りがあったわけだし。

1点獲ったものの、フォルランは明らかに孤立してたからあせあせ(飛び散る汗)



スアレスは、ベスト8でエリア内でハンドで退場しましたあせあせ(飛び散る汗)

サッカーの神様は、公平に罰爆弾を与えたのかも。

オランダの勝利は、当然の結果、ということでしょうか・・・。



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ボスしけてるぜ





W杯サッカー、ベスト8。

残りは2試合。

アルゼンチンvsドイツと、パラグアイvsスペイン。

どっちをTV見るか???

そりゃ、アルゼンチンの方でしょうかわいい

やっぱり、スペインって好きになれないし。

逆に、今まで好きでなかったドイツ、なかなか良いかも手(チョキ)

ベスト16のイングランド戦のカウンターに惚れました揺れるハート

スピードとキレが抜群ぴかぴか(新しい)です。

アルゼンチンの圧倒的な個人技に、どこまで通用するか、

大いに見応えを期待できる1戦ですよパンチ



結果は、なんと4−0でドイツの圧勝ぴかぴか(新しい)

これで、2戦連続で4得点位置情報

攻撃力パンチは、下馬評ではアルゼンチンの方が上グッド(上向き矢印)

いやはや、とんでもない破壊力爆弾を持っていたのはドイツの方。

マジで強い。

ブラジルが消えた今、優勝ぴかぴか(新しい)に一番近いのはドイツでしょう。



開始3分で、セットプレイであっさり先制かわいい

始まったばかりの心黒ハートのスキを巧みに突きました。

得点者のミューラー、マジいいわ手(チョキ)

まだ若いし、大化けしそう。

で、こうなると、ドイツのペース。

してやったり、の展開。

元来強い守備のもと、虎視耽々目とカウンターを狙います。

アルゼンチンは、失点すべきじゃなかったね。

ドイツに守らせるのではなく、攻めさせるべきでした。



しかし、アルゼンチンの個人技、パスワークは素晴らしいかわいい

メッシ、テベス、イグアイン・・・。

これだけでもスゴいのに、控えにアグエロ、ミリートでしょあせあせ(飛び散る汗)

誰か1人でいいから、日本に帰化してくれませんか???

ドリブルもできるし、パスも正確。

今大会、ブラジルに華麗さがないので、

攻撃のワクワク度揺れるハートは、圧倒的にアルゼンチンの方が上グッド(上向き矢印)

でも、崩せない、崩しきれないたらーっ(汗)

シュートを打っても、コースが狭められていて、ゴールは割れない。

そして、前掛かりのところを突かれて、失点を重ねる・・・。

絵にかいたような展開でしたどんっ(衝撃)



敗因の一つは、監督の存在感が強すぎたこともあるかも。

マラドーナのインパクトが強すぎちゃうあせあせ(飛び散る汗)

だから、ピッチの中で、リーダーシップを発揮できる選手がいない。

昔なら、サネッティとか、キャプテンシーあふれる選手がいたけど。

ベテランのヴェロンは、ピッチにいないし、

いたとしても、イマイチ引っ張るタイプとはいえない。

南米予選でも、失点すると弱さを露呈してました。

負けパターンにはまった、当然の結果だったのかもたらーっ(汗)



さあ、ドイツ、次はスペイン。

クローゼの歴代得点王もあと1点に迫り、王手ですパンチ

どちらの執念が勝るか、木曜の朝が楽しみですかわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

メロウに沈んで





W杯サッカー、ベスト8の闘いが始まりました。

ああ、もう残り8試合・・・たらーっ(汗)

長いようでいて、あっという間時計

こっからは、もうね、どんな結果になるか予想できませんあせあせ(飛び散る汗)



まず最初は、オランダvsブラジル。

因縁の対決パンチ

しかも、最近、W杯サッカー含めてず〜っと負けなし。

この2チームは、割とW杯サッカーでよく対戦してます。

それだけ、コンスタントに上位に上がってるってことだけど、

実は、オランダはブラジルには、なかなか勝てないどんっ(衝撃)

先制されて追いつくんだけど、振り切られる。

はたまた、PK戦で負けちゃうたらーっ(汗)

オランダとしては、悲願の優勝ぴかぴか(新しい)を遂げるには、

乗り越えなければならない大きな壁人影



この2チーム、今大会で共通していることは、

「美しさより勝利キスマーク」というテーマ。

派手さよりも、守備を固めて、相手のスキを狙う目

なので、本国での評判は良くないらしいあせあせ(飛び散る汗)

まあ、勝つためにやむを得ない選択なんでしょうが、

これで負けたら、批判の渦に巻き込まれるでしょうねたらーっ(汗)



だからか、やはり、本来の実力からして、

あまり、見ていて楽しい試合ではなかったですねたらーっ(汗)

ファウル覚悟、取られなければラッキーという姿勢で、

とにかく、相手をつぶすどんっ(衝撃)

そんなんだから、相手側も、あわよくばを狙ってすぐ倒れるし。

ゲームが止まってばかりで、ちょっと興ざめむかっ(怒り)

結果は、2−1でオランダの勝ち。

先制されて追いつき、さらに逆転。

もう何年も果たせなかった屈辱のリベンジをパンチ

得点は、セットプレイのみ。

薄氷の勝利かもしれませんが、念願達成です手(チョキ)



この試合の主役ぴかぴか(新しい)は、ブラジルのボランチ、フェリペ・メロ。

この大会で名を馳せ、値段有料が上がってるらしい。

この日も、良くも悪くも目立ってました。

先制点をアシスト、までは良かったけど、

自身のオウンゴールで追いつかれ、さらに逆転されたあと、

オランダのロッベンを踏んづけて、一発退場爆弾

彼に始まり、彼で終わった試合でした。



惜しまれるのは、監督ドゥンガの采配。

10人とはいえ、負けてるのに、なにも手手(パー)を打たず。

DFのルシオを前線に上げて、パワープレイをすることもなく、

交代枠が1枚余っているのに、使わずじまい。

パニクってたんでしょうか???

らしくないままの敗戦たらーっ(汗)



オランダの次の相手は、古豪ウルグアイ。

今のままの戦い方なら、ウルグアイに決勝に進んでほしいなあ、

と思っております・・・かわいい



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

最後まで



W杯サッカー、決勝トーナメント1回戦。

パラグアイvs日本。

試合が終わって思いました。

やはり、采配に納得がいかないむかっ(怒り)



一進一退の攻防は90分時計で決着つかず、0−0のまま延長戦へ。

日本は、相変わらずの運動量足で、攻めに守りに駆け回るものの、

どうしても、1点が獲れないどんっ(衝撃)

武器であるセットプレイのチャンスが少なかったあせあせ(飛び散る汗)

さすが、南米の巧者、パラグアイ。

FKを与えるファウルは、なかなかしてこない。

日本がパスとスピードで切り崩しを図るものの、

最後の最後で守りきるところは、さすがですかわいい



本田は、随所でらしさを見せてましたけど、

相手のマークと、疲労もあってか、少しイマイチの出来あせあせ(飛び散る汗)

遠藤も、目測目を誤る場面が何度もあったし、

後半は、アンカー役の阿部も消えちゃってたし、

スタメン固定しすぎたのかもしれませんね。

途中交代で入った、中村憲剛や岡崎に、

ランニング足をすべてゆだねてしまう結果に。

フィジカルの低下バッド(下向き矢印)は、確実に表れてました。



延長戦は、パラグアイが、わかりやすいほどにPK戦狙いどんっ(衝撃)

自信があったんでしょうね。

思惑どおり、延長戦もスコアレスで、PK戦に・・・。

結果、5人キッチリ決めて、パラグアイの勝利爆弾

1つ1つのキックが、いやらしくて、巧かったなあ。

GK川島の読みも良かったけど、キックの質が一枚上手たらーっ(汗)



ただ、この試合も含めて、日本は概ね良かったと思います。

気合のこもった守備、攻撃の連動、

大会前とは豹変した姿に、大いに驚きを感じましたるんるん

単純に、見ていて面白い試合でしたからね。

ベスト16という結果についても、

素直に称賛ぴかぴか(新しい)を贈りたいと思います。



だかろこそ、悔まれる采配のミスむかっ(怒り)

延長で交代出場の玉田、あそこは森本でしょ。

裏を獲ることに固執し過ぎでは???

森本にサッカー収めて、岡崎や憲剛を走らせた方が良かった。

交代出場3人とも裏を狙うだけでは、メリハリがないどんっ(衝撃)



そして、PK3人目、駒野・・・。

なんで、彼に蹴らせるのか???

絶対外すと思ってましたむかっ(怒り)

駒野がスタメンで出場し続けることにも、ず〜っと疑問exclamation&question

最後の最後で、やってくれた、って感じたらーっ(汗)

この辺が、"岡ちゃん"という、最大のリスク爆弾

最後に大爆発爆弾爆弾爆弾してくれちゃったわけです。



まあでも、ホントがんばってくれました。

W杯サッカーで、日本戦が楽しい、ってのはひさびさでしたかわいい

感動をありがとうexclamation

4年後に期待しますexclamation×2



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

Solid As A Rock



W杯サッカー、決勝トーナメント1回戦。

昨夜から今朝にかけても、気になるカードが揺れるハート

まずは、オランダvsスロバキア。

そして、ブラジルvsチリ。

どっちもTV見たい・・・たらーっ(汗)

しかし、欧州vs欧州、南米vs南米になってますね。

お互いに知ってる相手と、W杯サッカーの場面で勝負。

いろんな駆引きとかありそうで、ワクワクしちゃうなあハートたち(複数ハート)



悩んだ結果、ブラジル戦TVを見ることに。

ブラジルで気になるのは、エースぴかぴか(新しい)、背番号10のカカの出来。

今大会とは、ぶっちゃけ絶不調爆弾

というよりも、昨年、我が愛するミランから、

レアル・マドリッドに移籍してから、ずっと不調続きたらーっ(汗)

ケガもあって、なかなか以前のようなプレイができていない。

ブラジル国内でも、非常に評判が悪いとかあせあせ(飛び散る汗)

奮起を期待して、目見てましたよ。



すると、やってくれましたexclamation

2点目をキッチリとアシスト手(チョキ)

やっと、得点に絡む仕事を。

良かったね〜たらーっ(汗)

あとは、自身の得点かな???



しかし、10番がカカって、

やっぱ、今回の代表は、イマイチ地味だなあ・・・あせあせ(飛び散る汗)

CFのルイス・ファビアーノも、

スペインのセビリアのエースぴかぴか(新しい)とはいえ、

以前の代表と比べると、名前で負けてる。

最近のブラジル代表FWには、

いわゆるビッグクラブで活躍してる人が少ない。

バルセロナ、マンチェスターU・・・、

この前UCL獲ったインテルですら、右SBのマイコンくらい。

ホント、レアルのカカぐらいしかいないんだどんっ(衝撃)

ある意味、非常にドゥンガ監督らしいチームだなあ。

スターぴかぴか(新しい)のロナウジーニョを外したくらいだもの。

チームで闘えない選手は必要ないって信念黒ハート

名前で選ぶことはしませんよね。



しかし、強いねえブラジル。

総合的には、1歩足抜きん出てるかな???

対抗馬が、ドイツかなあ・・・。

ブラジルは、次のオランダ戦勝てれば、

6度目の優勝ぴかぴか(新しい)、現実的かもね。

直線的で、フィジカルの強さが印象のドイツと、

しなやかなバネが躍動するイメージのブラジル。

柔と剛が争えば、柔が勝つってのが当たり前だよなあかわいい



でも、まずはオランダ戦が待ってます。

勝ちにこだわり、従来のスタイルを捨てたオランダ。

国内では評判悪いそうですけどねあせあせ(飛び散る汗)

でも、勝てば官軍ですからかわいい

両者が相まみえる、2日の金曜の夜が待ちきれませんねるんるん



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 22:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

紅いマボロシ



W杯サッカー、決勝トーナメントが始まりました。

昨日は、朝起きて、土曜の晩夜の韓国戦を映画見まして、

敗退爆弾に無念の思いが一杯でしたたらーっ(汗)

う〜ん、勝てる試合だった気がしますが・・・。

先制されて追いついて、逆転できるチャンスもあっただけに、

非常に悔まれますねどんっ(衝撃)

劣勢でも、キッチリと逃げ切るところが、南米の強さか。

古豪ウルグアイ、次は、唯一勝ち残ってるアフリカ勢、

ガーナが相手ですよパンチ

渋い一戦となりそうな予感。



そして、昨夜夜〜今朝曇りは、良いカードが揃いまして。

ドイツvsイングランドと、アルゼンチンvsメキシコ。

どっちを見ようか、大変に迷いますあせあせ(飛び散る汗)

前者は、拮抗が予想されまして、

後者は、ほぼアルゼンチンの勝利は揺るがない。

メキシコもしぶといですけどね。

接戦となりそうな、ドイツvsイングランドにしましたかわいい



ところがどっこいどんっ(衝撃)

4−1で、ドイツの圧勝パンチ

まさか、ここまで大差がつくとは・・・。

内容も、得点どおり、力の差がはっきりしましたね。

イングランドの言い分は、ちょっと違うんでしょうけどあせあせ(飛び散る汗)



1−2の展開での前半終盤、

ランパードのシュートは、バーに当たって、下に落ちました。

ゴールラインを越えたか、瞬間的には微妙で、

審判は、ノーゴールと判断ひらめき

でも、VTR映画を見ると、きっちりラインを割った明らかなゴールぴかぴか(新しい)

幻の同点弾となったわけですどんっ(衝撃)

新たな論争のネタを提供してしまいました。

この2チームは、過去にも、同様のことがあった。

前回は、イングランドが勝ったから、おあいこでしょうかねたらーっ(汗)



まあ、あの1点があれば、多少なりとも展開の違いはあったかも。

でも、それも関係ないほど、この日の出来は差が明らか。

カウンターの速さ、鋭さは、完全にドイツが上手(チョキ)

しかも、たった1人で切り崩すんでなく、2人、3人と畳みかける。

イングランドのDF陣、置き去りで、ドタバタ爆弾

だから、あの1点がなくても、後半には失点してたでしょうねたらーっ(汗)

完敗と言って良いのでは???



やはりね、得点力の差が大きかった。

かたやリーグで2点、かたや5点。

エースぴかぴか(新しい)が無得点と、しっかりと得点。

前者が負けて、後者が勝つのは自明の理ひらめき

やっぱり、リーグで調子良く、成果を出してるチームは強いや。

このまま勝ち進むかも、だけど、次はアルゼンチン。

これも楽しみですなあかわいい



イタリアといい、ボクが応援してるチームは、

またもや不甲斐ない結果にたらーっ(汗)

本来の力をまったく発揮することなく、敗れ去った爆弾

とりあえず、あとは、明日の日本に期待しましょうかね・・・。



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

夢の途中



W杯サッカー、グループリーグ最終節。

日本代表、やりましたねえ手(チョキ)

まさか、この組合せでリーグ突破するとは、大変なサプライズかわいい

うれしい裏切りキスマーク

立派だ、大したもんだるんるん

でも、まだ、試合TV見ていないんですけどね・・・あせあせ(飛び散る汗)



昨日の朝は、前日夜夜のイタリア戦の録画映画を見てたので。

まさか、デンマークに勝つとは思っていなかったし、

良くて引き分けかなあ、と思ってたのであせあせ(飛び散る汗)

黒ハートの祖国イタリアは、無様に負けましたので、

日本戦TV見ればよかったですよ・・・たらーっ(汗)

朝から、テンション急降下バッド(下向き矢印)でしたから。



やはり、セットプレイがチャンスですねどんっ(衝撃)

本田も遠藤も、いいキック持ってるし。

試合球が、大変評判の悪い、クセがあるボール。

名キッカーにとっては、いい武器なんでしょうけど、

実は、まだ大会中FKでの得点は4点だけだそうであせあせ(飛び散る汗)

いずれにしても、FKで先制、加点して、守りきるってのは理想形かわいい

大会前に不安視された守備も、

本番ではガッチリはまってますからね手(チョキ)

3戦終わって、失点2は立派ぴかぴか(新しい)なもんですよ。

相手が相手なんですから。



守備がある程度計算できるようになってきたとき、

万年決定力不足が懸念材料むかっ(怒り)ですが、

セットプレイのチャンスを活かすのが、有効でしょうね。

今の日本の形としては、理に適ってる。

良いパターンができつつあるかもかわいい



ただ、まだリーグを突破しただけどんっ(衝撃)

これからが本番パンチですよ。

なにせ、岡ちゃんの無謀な目標位置情報は、ベスト4なんですからあせあせ(飛び散る汗)

日本の場合、節目を越えると、即負けちゃう悪いクセがむかっ(怒り)

02年のときも、リーグ突破を目標位置情報にしてたら、

決勝トーナメント初戦で、あっさり負けちゃったしたらーっ(汗)

満足しちゃうのか、ホッとしちゃうのか。

日本人の謙虚さというか、欲のなさというか、

もっとガツガツ、欲を出してもええんとちゃう???



がんばってれば、海外飛行機移籍の夢が開けるわけですよ。

今や、海外飛行機移籍を目標位置情報とするのは、至極当たり前の時代。

だったら、W杯サッカーは、最大のアピールチャンスキスマーク

チームの勝利ぴかぴか(新しい)も大事だけど、

個人の夢のために、ガツガツいっても良いのでは???

だって、海外飛行機チャレンジで、個のレベルが上がれば、

結果、代表全体のボトムアップグッド(上向き矢印)になるもの。

確かに代表クラスが、海外飛行機に移籍すると、

Jリーグサッカーの空洞化も心配される。

でも、その分、若手にチャンスも広がるんだからかわいい



次は、29日23時時計のパラグアイ戦。

難敵ですどんっ(衝撃)

イヤ〜な相手ですねあせあせ(飛び散る汗)

今度は、きっちりと見ますよパンチ



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Calcio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。