2011年03月15日

TSUNAMI

東北地方太平洋沖大地震。

新宿までの道のりを歩きながら、

不思議な気持ちになっていました。

そもそも、なぜ歩いているか。

それは、電車が止まっているから。

なぜ、電車が止まっているか。

それは、地震があったから。



確かに、大きな揺れは実体験した。

でも、少なくとも自分の周囲では、

なにか目に見えた被害があったわけじゃない。

すると、地震があったことを忘れれば、

停電か、事故かでの交通マヒと変わらない。

歩いている街並みを見ても、

さしたる被害は見られませんでした。



そんな中、上野、水道橋、飯田橋・・・と、

繁華街を通ると、TVの情報が流れてる。

最新のニュースの声が聞こえます。

すると、現実に引き戻される。

そして、断片的に、震源に近い場所の、

被害が尋常でないことが伝わってくる。

津波の高さが10メートル???

飲み込まれた人が300名???

行方不明の人も何百名???



千葉のコンビナートが炎上している様子、

それは、まさに地獄絵図。

そうか、我々が歩くのは、みぞぎか。

はたまた、死者への弔いの巡礼か。

ただ単に、文明に過信した贖罪の列か。



新宿までは、結局約3時間かかりました。

今思えば、あっという間でした。

ハイだったんでしょう。

いろんな思いが錯綜していました。

家内のこと、実家のこと、

被災地のこと、それより何より、

今日果たして、無事帰宅できるのか。



復旧した交通情報が断片的に。

JRは、早々に断念したとか。

ふくらはぎ、股関節、腰、痛んでました。

何より、空腹が激しくて。

同行の子たちは、ボクより軽装で、

かなり寒そうでした。

とりあえず、空腹を満たして、

暖を取ろうと、ラーメン屋に入りました。



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。