2011年03月14日

THE LONG AND WINDING ROAD

東北地方太平洋沖大地震。

帰宅するか、会社に泊まるか、

マジで悩みました。

交通が回復するアテもなし。

Googleマップで調べたら、

徒歩で6時間はかかるらしい。

TVの震災シュミレーションでは、

人があふれるから、道は混雑するって。

そうすると、果たして何時間かかるのか。

それでも、とりあえず、徒歩で歩くことに。



子どものころ、ボーイスカウトに入隊してた。

でも、そんな経験もムダかのように、

無防備で帰宅しました。

食料、水分、ある程度持っていくべきで。

結局、普段の荷物そのままで。

朝寒くて、手袋とニットキャップは持ってた。

これは大きかった。

終始寒い思いをすることはなかったので。



会社の若い子たちと計4人で出発。

特に女の子1人にはさせておけないから。

とりあえず新宿を目指そうと目標設定。

その間に、交通が回復しなくとも、

道路の渋滞が緩和されていれば、

と淡い期待を抱いていました。



ルートとしては、上野を抜け、

春日通をとおって水道橋に。

そのあと、靖国通りで新宿を目指す。

予定の所定時間は、約2時間。

どこまで目標に近づけるか。



上野辺りに出ると、人も車も増えてきた。

ほとんどの人が、北へ向かっていた。

会社から支給されてるらしいヘルメット、

かぶって歩いている人もいました。

大企業ほど、装備が用意されてるらしい。

途中、レンタルバイクの店があった。

列に並んでる人を見てうらやましかった。



自転車を購入しようとも思ったが、

都合良くは店を発見できず。

市ヶ谷で発見した店では、

高級車を扱っているらしい。

4〜5万円の値段が。

いい商売になったでしょうね。

あとで新聞で見たら、自転車や、

スポーツシューズが売れたとか。

あと、沿道の飲食店は軒並み混んでた。

必死に歩く自分と、酒飲んでる人、

同じ境遇でも、行動が対照的。

とても不思議な気分でしたね。



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 20:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。