2011年03月13日

生まれてはじめて

この前の金曜日のお話。

そう、東北地方太平洋沖大地震。

揺れ始めた当初は、

こんな名前がつくほどの災害になるとは、

誰も予想できなかったでしょうね。



もちろん、勤務中でした。

PCに向かって仕事中。

15時過ぎに商談のため、外出を予定。

ボチボチだなあ、と思っていたときでした。

モニタが揺れていまして。

周囲に、「地震かなあ???」、

と言ったら、誰も気づかず。

でも、徐々に揺れが大きくなっていった。



横に大きく、そして長く、

こんな揺れ方を体験したのは初めてで。

起震車に乗ったときのよう。

部下の女の子たちが、気持ち悪い、

と叫ぶほど。

ただ、ガラスが割れることもなく、

壁が崩れるでもなく、ただ揺れている。

でも、いつ終わるのかわからない。

とても永い時間が過ぎた気がしました。



揺れが収まり、即、ネットで震源地等情報を。

その大きさ、範囲の広さに驚きました。

でも、まだ、この時点でも、まだ落ち着きが。

カバンを持って、外に飛び出した社員の子、

笑っていられる余裕がありました。

なにより、予定どおり、外出しましたから。



商談先に向かう途中、大きな余震が。

浅草寺の境内を抜けていくところ。

神社が、崩れそうなほど揺れていた。

スカイツリーは、まったく問題なさそう。

上司と、「震度6までは大丈夫なんだ」、

と冗談をかわしながら、商談先に。



商談中も、余震は続く。

その後、帰社し、夕方を迎えます。

役員が、早々に帰宅を促しましたが、

すでに電車はストップ状態。

じゃあ、車と思えば、首都高は閉鎖。

一般道、主要幹線道路は渋滞の渦。

さあ、どうしたもんか・・・。



家内とは、早々に連絡が取れていました。

地震直後は、まだメールもつながっていた。

ケガも、被害もなく、無事でした。

家内は、自転車通勤だったので、

帰宅には支障もなく。

あとは、自宅の様子が気になりました。



==============================
posted by ぶらんつぃぃ〜の at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。